FC2ブログ

薬剤師 資格-薬剤師 資格について解説-

薬剤師の資格・転職について、さまざまな情報を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薬剤師のやくわり -国家資格試験のまえに-

「薬剤師の資格を取るまえに知っておくこと」

現在では、薬をつくるのは製薬会社で、薬草を見分けた時代とはちがい、薬剤師が直接薬をつくることはめずらしくなった。しかし、医療の発展とともに、薬剤師には情報提供と薬害防止という責務が加わり、安全かつ有効な医療サービスへの貢献が求められるようになっている。

医療分野における情報開示は人権尊重の立場から、患者一人ひとりに治療方法、服用薬についての内容説明を行い、理解をうながし同意を得るために行う。患者には、一人ひとりに異なった生活があり、同じ病気でも、患者が違えば治療法も治療薬もちがってくる。現代では、できるだけ患者の日常生活などを配慮したうえで、一緒に考えながら治療に望むことが重要視されている。

また、高齢化社会をむかえた今日、慢性疾患により長期間にわたり薬の服用を余儀なくされているお年寄りは多い。その場合、薬を飲み忘れたり、飲むのをやめてしまったり、複数の医療機関からもらった薬を一緒に服用さかてしまうなどの弊害が生じる可能性がある。副作用をふくめた薬についての知識、服用にあたっての留意事項など、患者への啓蒙活動も今日では薬剤師の大事な仕事になっている。
関連記事
  1. 2012/12/09(日) 09:06:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薬剤師の資格、転職サイト | ホーム | 日本の薬剤師 資格>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://apa100.blog.fc2.com/tb.php/27-c5744143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
田村まみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。